Brain dock 脳ドック

脳ドックのご案内

脳卒中

日本人の死亡原因の第3位である脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)については、危険因子(高血圧、糖尿病、高脂血症、喫煙、家系など)があっても、事前にはわかりません。

認知症

日本人の寿命が延び高齢化が進んでいる今日誰もが認知症になる可能性があります。現在推計で400万人を超え2025年には700万人を超えるといわれています。65歳以上の高齢者の5人に1人が罹る計算です。

当院の脳ドックでは最新鋭の3.0テスラMRIでの画像検査と頚部超音波などが行なわれます。苦痛はほとんどありません。
発見される病気は、自覚症状のない脳梗塞(無症候性脳梗塞)をはじめ、未破裂動脈瘤、脳腫瘍、脳動脈奇形、認知症など多岐にわたります。

認知症も生活習慣病が密接に関係しています。食事や運動などの生活習慣の改善を行い、高血圧や動脈硬化などの進行を抑えることができれば、脳卒中のみならず認知症などの発症や進行を抑えられる可能性があるということです。特に高血圧、糖尿病、肥満、あるいは家族に脳卒中や認知症になった人が居るなど不安のある方は、ご自身の脳の状態を知るために一度、脳ドックを受診されてみてはいかがでしょうか?
脳ドックの結果を踏まえ生活習慣の改善や治療についてもご説明いたします。

軽度認知障害

健常者とアルツハイマー型認知症の中間の段階を示します。現在MCIのリスクを測る血液検査があります。(自費検査)

APOE遺伝子

アルツハイマー病発症に関連する遺伝子(自費検査)

脳ドックインターネット予約はこちら

Equipment 設備紹介

MRI(GE社製 MRI 3テスラ)Discovery 750W-Expert

GE社製 MRI 3テスラ Discovery 750W-Expert

検査環境の向上

様々な体格への適応や、閉所恐怖症の患者など、検査環境の向上を目的として需要が高まるワイドボア(大口径)MRI。従来は開口経の広いワイドボアと撮像能力の高性能化を両立することは困難でしたが、新技術の構築により実現可能となりました。※オープン型MRIとは異なります

今までの1.5テスラのMRIと比較して撮影してくる画像情報が多いため診断能力が高いというメリットがあります。このため、結果として少ない時間で正確な診断が下せるようになっています。 また、従来のMRIより音が静かです。
GE社の最新鋭モデルです。

MRA 1.5テスラ / 3.0テスラ比較:同一撮像時間比較
  • MRI写真1
    1.5テスラ
  • MRI写真2
    3.0テスラ

Brain dock
course 脳ドックのコース紹介

基本脳コース

脳MRI+脳MRA+頚部MRA

脳実質と脳血管、頸部血管をMRIで検査します。
脳腫瘍、脳動脈瘤、脳血管障害(脳梗塞、脳出血、血管奇形など)、脳萎縮・水頭症などの評価を行ないます。

結果郵送 25,920円(税込)
専門医による説明 29,160円(税込)
専門医による説明(水曜日のみ) 27,000円(税込)

空き状況の確認・予約

  • 結果郵送タイプをご希望の方は、電話予約のみの受付となります。インターネット予約はできませんのでご注意ください。

脳・血管コース(おすすめ)

基本脳コース+頚動脈超音波エコー検査

基本コースに加え、脳梗塞の原因になりうる頚動脈の狭窄の評価や、全身の動脈硬化の指標にもなる内膜中膜複合体の評価を行います。

結果郵送 32,400円(税込)
専門医による説明 35,640円(税込)
専門医による説明(水曜日のみ) 32,400円(税込)

空き状況の確認・予約

  • 結果郵送タイプをご希望の方は、電話予約のみの受付となります。インターネット予約はできませんのでご注意ください。

総合コース

脳ドック学会のガイドラインに準拠した基本的な脳ドックです。

脳ドック総合コース
脳MRI+脳MRA+頚部MRA+頚動脈超音波エコー+心電図検査+血液検査+専門医による説明

MRI,超音波検査に加え、脳卒中と関連する動脈硬化や全身の状態の評価を行ないます。

料金 43,200円(税込)

空き状況の確認・予約

※当院では血液検査の結果が当日には判別しないため、お手数ですが後日、再度ご来院の上、全ての検査結果を丁寧にご説明いたします。
※血液検査があるため、食事は予約時間の4時間前までに済ませてください。水とお茶は可です。

早期アルツハイマー型認知症診断支援システム(VSRAD)※脳ドックオプション

早期アルツハイマー型認知症診断支援システム(ブイエスラド VSRAD) 3,240円(税込)

脳の萎縮度を見る検査「VSRAD(ブイエスラド)」はMRIの画像上目視では難しかった早期アルツハイマー型認知症診断を支援する方法です。
もの忘れが気になる方で50歳以上の方が対象になります。
アルツハイマー病はもの忘れの進行とともに脳の萎縮、特に海馬という記憶に関する部分が萎縮します。VSRADはこの萎縮の程度を見る検査です。

※上記3種類のコースのオプション検査となります。単独で受けることはできません。
VSRADの結果はあくまでも診断支援ですので、これだけでアルツハイマー型認知症の診断を行うことはできません。臨床情報(症状や神経心理学的検査)と合わせて医師の総合的な診断となります。

VSRAD(ブイエスラド)の有用性について詳しく見る

スクリーニング検査

軽度認知障害(MCI)スクリーニング検査(採血のみの自費検査です) 21,600円(税込)
こんな事が気になる方におすすめです
  • 最近、物忘れが増えてきた
  • 肥満や糖尿病など生活習慣病の恐れがある
  • 親や家族の様子が少し変わった気がする

APOE遺伝子検査

APOE遺伝子検査(アルツハイマー病発症に関連する遺伝子)
検査(採血のみの自費検査です)
17,280円(税込)

アルツハイマー病の発症のリスクを調べるものであり、将来の発症の有無を調べるものではありません。

※上記の2検査は、共に少量の採血のみの検査です。
結果報告は、約1か月後です。専門医より、結果説明と指導を行います。