influenzaインフルエンザ

※平成29年度 インフルエンザ予防接種は平成30年1月31日までで終了いたしました。

平成29年度 さいたま市インフルエンザ定期予防接種(満65歳以上)

高齢者を対象としたインフルエンザ定期予防接種を実施します。予防接種を希望する方は、必要性等をご理解の上、下記の接種期間中で体調のよい時にご来院ください。

※原則お電話にてのご予約制となります

(1)接種対象者

接種日時点でさいたま市に住民登録があり、ワクチンの接種を希望する方のうち、次の①か②のいずれかに該当する方

①満65歳以上の方
②満60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓若しくは呼吸器等の機能に極度の障害を有する方(厚生労働省令の定めによる)

  • 卵アレルギーの方は接種できないことがありますので事前に医師にご確認ください。
(2)接種方法・接種回数

個別接種・1回

(3)接種期間

平成29年10月20日(金)~平成29年12月28日(木)まで

(4)個人負担金

1,600円(税込み) 

※上記1~3を満たしていない場合、接種料金は全額自己負担です。
※ただし、下記のいずれかに該当する方は、事前に証明書類を医療機関の窓口に掲示することで無料となります。

  • 生活保護世帯の方…生活保護受給証
  • 中国残留邦人等支援給付制度の受給者…本人確認証
  • 市民税非課税世帯(世帯全員が非課税)の方 … 次の1か2のいずれか

1.介護保険料決定通知書
※市民税課税区分欄が"世帯 非課税"となっているものに限ります。
2.本市発行の無料券
※各区役所の保健センターで交付します。接種前に必ず申請が必要です。
(申請時には、保険証等本人確認できるものをお持ちください。)

(5)接種の際に持参する物
予防接種予診票 各区保健センターまたは当院にて事前にお受け取りください。
健康保険証 国民健康保険証、後期高齢者医療保険証など
本人確認書類 生年月日や住所の記載(印字)があり、本人確認できるもの。
運転免許証や介護保険証、住民基本台帳カード(住所が記載)等
※国民健康保険証、後期高齢者医療保険証をご持参の方は不要

Vaccination 予防接種

平成28年度成人用肺炎球菌ワクチン定期予防接種の予約を受け付けいたします

成人用肺炎球菌ワクチンを接種することで、肺炎球菌による肺炎や侵襲性感染(敗血症や髄膜炎)の予防効果(かからないか、かかっても軽くなる)が期待できます。

接種対象者

接種日時点でさいたま市に住民登録があり、次の①・②の年齢等のいずれかに該当し、かつ③に該当する、予防接種を希望する方

①平成28年度に以下の年齢になる方 ※年度(学年)年齢です

65歳 昭和26年4月2日〜昭和27年4月1日生まれの方
70歳 昭和21年4月2日〜昭和22年4月1日生まれの方
75歳 昭和16年4月2日〜昭和17年4月1日生まれの方
80歳 昭和11年4月2日〜昭和12年4月1日生まれの方
85歳 昭和06年4月2日〜昭和07年4月1日生まれの方
90歳 大正15年4月2日〜昭和02年4月1日生まれの方
95歳 大正10年4月2日〜大正11年4月1日生まれの方
100歳 大正05年4月2日〜大正06年4月1日生まれの方

②満60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓若しくは呼吸器等の機能に極度の障害を有する方(厚生労働省令の定めによる)

③これまでに23価肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)の接種を1回も受けたことがない方
※自費での接種を受けたことがある方は対象外となります。

接種期間

平成28年度4月1日(金)〜平成29年3月31日(金)

※接種対象者の①の年度年齢の方が、この期間を過ぎますと、「個人負担金」では受けられなくなります。
平成31年度以降は、満65歳の方と接種対象者②の方のみが対象となりますのでご注意ください。

個人負担金

4,730円(費用の一部負担金)

以下のいずれかに該当する方は、事前に証明書類を医療機関の窓口に提示することで無料となります。

  • 生活保護世帯の方…生活保護受給証
  • 中国残留邦人等支援支給付制度の受給者…本人確認証
  • 市民税非課税世帯(世帯全員が非課税)の方…次の①か②のいずれか
    ①介護保険料決定通知書 ※市民税課税区分欄が「世帯 非課税」となっているものに限ります。
    ②本市発行の無料券 ※各区役所の保護センターで交付します。接種前に必ず申請が必要です。
    (申請時には、保険証等本人確認できるものをお持ちください。)
ご持参いただきたいもの

保険証、身分証明書などの本人確認書類、個人負担金

ご予約について