Breast cancer screening 乳がん検診について

乳がん検診の検査費用

当院では、女性技師が対応するためリラックスして受診頂けます。

自費診療のご案内

症状のない方(健康診断目的の場合)は自費診療となります。
※ 価格はすべて税込みとなります。

乳がん検診 エコーコース
(触診+乳腺エコー)
20代・30代の方にお勧めのコースです。
授乳中も問題なく検診が行えます。
6,600円
乳がん検診 マンモグラフィコース
(触診+マンモグラフィ)
40代以上の方にお勧めのコースです。
授乳中は検診を行うことはできません。
6,600円
乳がん検診 マンモグラフィ・エコーコース
(触診+乳腺エコー+マンモグラフィ)
40代以上の方にお勧めのコースで、
エコーとマンモグラフィーのダブルチェックができます。
11,000円

※しこりや痛みがある方は保険診療となりますので、乳がん検診ではなく一般の外来診療としてお越しください。

乳がん健診インターネット予約はこちら

Equipment 設備紹介

マンモグラフィ(デジタルマンモグラフィ装置)MAMMOMAT Inspiration

不安・痛みの低減

今回導入した最新のマンモグラフィー装置は、被験者の不安を少しでも低減するような丸みをおびた優しいデザインが採用されています。

また、一般的にマンモグラフィー検査は、とても強い痛みを伴う検査と思われていますが、こちらの装置は不必要な痛みを軽減する機能を備えています。乳房を圧迫板ではさむ際、乳房の厚みがこれ以上変化しないことを探知すると、最適な位置で自動停止します。

より優しい痛みの少ない検査をしていただけます。

低被ばく

X線を画像化するフラットディテクタには、マンモグラフィーに最適な特性を持つa-Se(アモルファスセレン)という素材を使用するとともに、より高い低被ばくと高画質を実現する、X線から直接デジタル画像信号へ変換する方式を採用しています。

また、X線管の陽極に二つの素材(モリブデン、タングステン)を搭載して、患者様の乳房の厚さや乳腺の密度に応じて変更できるので、コントラストの高い画像を維持しつつ被ばく線量を抑えた検査が可能です。

高画質と被ばく低減を両立した装置です。

検出能の高さ

乳腺密度の高い日本人女性の乳房に適した画像再構成パラメータを備えています。
乳房の状態をより診断しやすい画像をご提供します。

担当技師について

当院では、女性技師が担当しております。
検診マンモグラフィ撮影認定放射線技師も在院しております。

全日、女性技師がおりますので安心してマンモグラフィ検査を受けることができます。

マンモグラフィ検診施設画像認定取得のお知らせ

マンモグラフィ検診施設画像認定証

当院は、マンモグラフィ検診施設画像認定を取得しました。
この認定制度は、「日本乳がん検診精度管理中央機構」がマンモグラフィ検診の精度維持・向上を目的として、その施設の検査装置や撮影したX線写真、撮影に要したX線量などを総合的に判断し、必要な基準を満たした施設のみを認定しているものです。
患者様には、当院で安心してマンモグラフィ検診を受けていただきたいと考えております。

施設認定証発行番号:第8328号
認定日:2020年9月1日
関連ページ:特定非営利活動法人 日本乳がん検診精度管理中央機構

「日本乳癌学会 関連施設」に認定されました

日本乳癌学会関連施設認定証

当院は、 一般社団法人日本乳癌学会の認定医・専門医制度規則に基づいた関連施設として認定を受けました。

認定番号:第3101-01号
認定日:2021年1月
関連ページ:一般社団法人日本乳癌学会ホームページ